結婚相手を見つけるには自分にあった婚活サイトを使うことが一番のポイントです。 婚活サービスにも「合コン」や「婚活パーティー」「ネット婚活(婚活アプリ)」など、様々な婚活サービスがありますが、登録している方の年齢層や性格、本気度なども違ってきます。このサイトでは、成婚率を高めるために婚活のコツとおすすめの「婚活サービス」を紹介しています。

年代別おすすめ婚活

大人の魅力で勝負!50代以上のシニア男性の婚活のコツとおすすめ婚活サイト

投稿日:

50代といえば経済的に安定し、精神面も円熟して大人の魅力がある人も多い世代ですね。

結婚したものの離婚した人や奥さんに先立たされて一人になった人もいます。

一方で、50代男性で結婚していない=生涯未婚率が20.1%(2010年国勢調査)という事実をご存知ですか?

これは50代男性の2割、つまり5人に1人は独身であるという衝撃のデータで、発表された当時は話題になりました。

体力の衰え、両親や自分自身の介護、残りの人生を一人で過ごし孤独のまま一人寂しく生涯を終えるのではないか?と、人生も後半にさしかかり不安になる人も少なくありません。

その不安や焦りから婚活を始める人も多くなってきました。

しかしながら、50代男性の婚活は厳しい状況であることは先程のデータからもおわかりいただけますよね。

確かに厳しい50代以上の婚活

男性も40代までは働き盛りで婚活市場では需要があります。

悲しいことに50代になると婚活市場における価値ががくんと下がります。

なぜなら、50代男性と結婚した場合に考えられるデメリットがいくつも浮上するからです。

まず婚活をする女性は、年齢に関係なく子供が欲しい人が多いです。

50代になると男性も妊娠させられる能力が引くくなります。

いくら女性が若くても男性側の体の問題で難しくなるのにも関わらず、若い男性を希望する男性が不特定多数います。

最近の婚活では、男性のブライダルチェック(妊娠能力や性病の有無など)をする人も増えてきました。

立派なアピールポイントになり、女性側の安心につながります。

もし妻が妊娠したとしても学費や生活費の心配がでてきます。

50代男性と結婚して子供ができた場合、子供が大学を卒業する頃には男性が定年になっていたり、嘱託や自営業だとしても年収が下がる為、満足のいく教育を受けさせてあげられないのではないか?子育ても体力的に厳しく、妻一人で家事育児仕事をしなければならなくなるのではないか?といった不安がでてくるからです。

いまは働く女性が増えたとはいえ、妊娠後期は働けず、出産後も赤ちゃんへの授乳などてなかなか職場復帰できないことも考えられます。

働けるようになったとしても、減っていく男性の収入に反比例して、子供にかかる支出は増えていく一方で、女性側の経済的負担も懸念されます。

そして最も嫌煙されがちな理由は、同居別居に関係なく協力が必要になる義理の両親の介護問題と、結婚した男性の介護問題です。

男性の平均寿命が80.98歳(2017年厚生労働省発表)と伸びてはいるものの、介護が必要になったら女性側は働いて家計を支えながら、家事・育児・介護という何重もの問題がでてきます。

出鼻をくじく内容ばかりあげましたが、5人に1人は結婚しているのです!これから、婚活で上手くいく方法をお伝えしますので、諦めず最後までお付き合いください。

年収や職業は存分にアピールする!若い男性にはない50代男性の魅力

それは、ずばり安定した経済力です!

先程、共働きをしてくれる・仕事に生きがいを感じて共働きを希望する女性が増えているというお話をしました。

そんな女性達も自分一人で稼げるお金には限界を感じやすく、経済的に支え合える男性を求めています。

その点、50代男性は会社でも役職についていたり、フリーランスでも長年のキャリアや人脈があります。

また、妊娠出産後に働けない時だけではなく、専業主婦を希望する女性もいます。

女性が婚活相手に求めるものは、安定した生活ができる経済力と長年一緒にいられる穏やかな性格です。

年齢的にも若い時に比べて性格が丸くなり、包容力が身についた男性も多いです。

不安定な時代だからこそ、どんな時も協力しあえるパートナーが欲しいのは年齢や男性女性に関係なく共通しています。

時には父親のように諭してくれたり、見守ってくれる優しさに女性は安心感を覚えるものです。

職業においても様々な経験を積んでいる人も多く、そんな働く姿に尊敬の念を抱く女性も少なくありません。

婚活に参加したら、まずは収入職業をアピールしてみることをお勧めします。

2015-5016年の1年間に20歳から59歳までの27万人に統計をとったデータがあります。

それによると、20代は354万円、30代は467万円、40代は564万円、50代は701万円でした。

あくまで平均年収なので、このデータより収入が多い人も少ない人もいますが、いずれにせよ婚活で需要のある若い働き盛りの世代よりも確実に収入は高いです。

また、仕事以外に不動産や株など他に副収入がある人、貯金額が数千万円ある人も強みといえそうです。

ただ、子供を育てるのにはお金があればある程、婚活市場での需要はあります。

たとえば子供が一人いたとして、幼稚園から中学まで公立、高校と大学は私立の場合にかかる教育費は1000万円以上、小学校から大学まで私立だった場合は2000万円以上かかります。

50代男性との結婚は子育てに不安がある女性が多いのがお分かりいただけますか。

子供を望まない場合でも、老後の生活資金として1ヶ月あたりの生活費は平均27万円必要で、年金受給までに2000万円は貯蓄しておく必要があるというアンケート結果もあります。

先行き不安になる気持ちは誰しもありますが、50代の婚活では働ける残りの人生と収入についてよく考えておくべきです。

自信がない人は、素敵な妻との楽しい生活を夢みて節約したり、副業をもつこともおすすめです。

50代男性の婚活成功の秘訣は「安定」

さて50代の婚活の現実の厳しさをお伝えしましたが、結婚できる人は何歳でも結婚しています。

生涯未婚率は国勢調査のたしかなデータですが、あなたは結婚できる側の人になりたいですよね。

成功の秘訣について見ていきましょう。

女性が結婚に求めるものは、安定した生活です。

経済的な安定と精神的な安定の2人が重要です。

経済面については安定した収入があり、長く働けることがポイントです。

その為にはまずは健康です。

独身生活では外食やテイクアウトの食品が多く、年齢的にも病気にかかりやすくなります。

婚活している女性が50代男性との結婚を躊躇う理由のひとつが、介護が近いことです。

なりたくなくても病気になってしまうこともありますが、栄誉バランスのとれた食事と適度な運動をして健康維持をしていくことが大切です。

結婚できた男性は年齢よりも若々しく、体型を維持している人も多いです。

清潔感も大事!

逆に、無精髭や眉毛や鼻毛の手入れがされてない人など清潔感のない男性は即NGです。

婚活前は様々な角度から鏡をよく見て、清潔感のある状態で参加することは最低限のマナーです。

最近はスメハラも問題になっています。

嗅覚は年齢と共に感度が落ちますし、自分の体臭については気づかない人もいます。

悲しいですが年齢を重ねると加齢臭もでてきます。

臭いケアも必須ですが、逆に香水のつけ過ぎにも気をつけてください。

女性は特ににおいに敏感なのでスメルチェックをお忘れなく!

子供を望む婚活男性の中には、女性に妊娠できるかどうかが分かるブライダルチェックを受けたかどうかを確認する人がいますが、聞かれた女性は傷つきますし、デリカシーがないと思われるのでストレートに質問したり、検査を受けるように促すのも失礼なので、初対面では聞かない方が無難でしょう。

一方で、男性も年齢を重ねると生殖能力に衰えがでてきます。

近年は男性のブライダルチェックを行う医療機関も増えているので、受診してみるといいかもしれません。

その結果を女性に伝えるのは問題ないでしょう。

若い世代は共働きが増えたこともあり、家事を分担する夫婦も増えました。

一人暮らしの経験がある方は大丈夫でしょうが、ずっと実家住まいの方は最低限の洗濯や掃除の仕方を覚えておき、休みの日は家事をしていますと言うのもポイントが高いです。

そこまで完璧ではなくても、せめて食事をした後のお皿を下げるくらいはした方が女性も助かります。

料理にハマる男性も少なくないので、簡単な料理から初めてみるといいですね。

家事をしない男性は家事をする女性の大変さがわからない人も多く、若い世代の婚活では男性に一人暮らし経験を求めています。

シニア向け婚活なら成功の確率アップ

なかなか厳しい50代男性の婚活ですが、シニア向けの婚活もたくさんあります。

まずは婚活イベント会社の主催しているお見合いパーティーや婚活パーティーがあります。

年齢限定のもの、年上彼氏と年下彼女などの企画もの、ハイスペック男子と出会いたい女性の会等、探せば色々あります。

基本的な婚活パーティーはテーブルを挟んで一体一の男女で向き合い、プロフィールを書いたカードを交換しあって話を進めるので話題に困ることはあまりないです。

デメリットは1人との会話時間が数分のものが多いことです。

ひととおりの女性と会話した後、お目当ての女性に再度アプローチできるフリータイムがあるものもないものもあります。

途中で第一印象が良かった人に印をつけてスタッフに渡すと、女性側で気に入ってくれた人がいたら印がついて返ってくるので、最終的に好感を抱いた順番に番号を書いて再びスタッフに渡します。

その集計結果で、カップリングした人のみ連絡先を交換できます。

連絡先交換自由の企画もあるので、よくチェックしてみてください。

他には趣味コンと呼ばれるものもあり、好きな物や得意なものを通して交流できます。

シニアに人気があるのはお散歩、ゴルフ、陶芸などです。

アウトドア、インドアを問わず、様々な企画があるのでおすすめです。

ただ、婚活パーティーは身元確認がしっかりしていないところもあるので注意が必要です。

相手の身元がしっかりしていて、条件に合う人と出会いたい場合は結婚相談所です。

敷居が高いイメージがありますが、料金も高い分、真剣な人が登録していて安心感は抜群です。

大手から個人まで大小いくつもの結婚相談所があります。

大手は登録者数が多いので選択の幅が広がりますが、ライバルが多いとも言えます。

シニアに特化した結婚相談所もあるので比較検討してみてください。

50代以上の男性の婚活についてまとめ

50代以上の男性の婚活事情について読んでいただいていかがでしたか。

年齢があがるにつれ、子供を望むことが難しくなったり、介護問題が近づいてくるという厳しい現実があります。

しかしながら、若い男性にはない大人の魅力や安定した経済力があります。

清潔感に気をつけ、女性をエスコートする気持ちを忘れず紳士的に振る舞い、大人の余裕ある態度で魅了しましょう。

将来が不安になるのは男性も女性も同じです。

もし子供がいなかったとしても、一生を共に過ごせるパートナーがいると生活にはりあいがでて、残りの人生もますます輝くないのではないでしょうか。

希望と行動する勇気を忘れず、結婚に向けて第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

-年代別おすすめ婚活

Copyright© おすすめ婚活サイト一覧&評判まとめ!口コミ比較ランキング【2017年】 , 2017 All Rights Reserved.