結婚相手を見つけるには自分にあった婚活サイトを使うことが一番のポイントです。 婚活サービスにも「合コン」や「婚活パーティー」「ネット婚活(婚活アプリ)」など、様々な婚活サービスがありますが、登録している方の年齢層や性格、本気度なども違ってきます。このサイトでは、成婚率を高めるために婚活のコツとおすすめの「婚活サービス」を紹介しています。

年代別おすすめ婚活

30代の男性向け婚活のコツとおすすめの婚活サイト

投稿日:

晩婚化という言葉を耳にするようになってからしばらく経ちました。

昔は結婚適齢期といえば20代を指していたと思いますが、現在では30代の独身の方は全く珍しくない状況です。

ここで、結婚に関しては「女性は30代となると厳しいけど、男性は30代から魅力が上がってくるから心配ない」という論調をたまに耳にします。

本当にそうなのでしょうか。

「まだ30代」「もう30代」、大きな違いですね。

時間の流れは年を取るごとに早く感じます。

そのせいなのか、30代は前半のうちは、「ついこの前まで20代だった」という感覚が強いように思います。

20代の頃の記憶が強いので、30代になった時点でも何だか20代の延長という気分が残っている気がするのです。

「男は30代から」という根拠のない応援メッセージも重なって、男性は年齢に対して焦りを感じることが少なくなってくるのです。

この点は、女性と大きく違いますね。

ただやはり肉体の衰えは顕著に表れてきます。

30代にもなれば代謝も衰えてきて、体形が崩れてくる男性も多いです。

やはり、ポッコリ出たおなかは中年男性感を感じさせます。

体感的にも肩こりも重くなってきます。

そして顔つきも変化が出てきて、顔のお肉が垂れ気味になったり、しわが目立つようになったり、そもそも肌が荒れてきたり。

男性はあまり自分の身なりに気を配らない方が多いですが、女性は男性の細かいとこに目を光らせているものです。

まだまだ若いと自分では思っていても、確実に年月は経っていることを肉体が物語っているはずです。

これは、きっと10歳年下20代の若者と横に並ぶと一目瞭然になるでしょう。

男性でもそれなりにショックを受けるかもしれません。

繊細な方は気を付けましょう…。

理想と現実を知っておく

さて、30代未婚男性は、世の中でどのような状況でしょうか。

統計データで確認してみましょう。

総務省の2015年国勢データによると、30~34 歳では、男性はおよそ2人に1人(47.1%)、35~39 歳ではおよそ3人に1人(35.0%)が未婚となっているそうです。

この数字は上昇傾向にあり、1985年頃では30~34 歳で28.2%、35~39 歳で14.2%でした。

このデータを見ると、30年間で未婚率は2倍前後になっていることが読み取れます。

独身の方から見れば仲間が多くて慌てることはない、しかも増えてきているならば世のトレンドと合致しているんだな、と安心材料にもなりそうですが、出会いという面では厳しい状況も想定されます。

というのは、昔であれば多くは20代で結婚して、数少ない30代独身はその大人の魅力を独身女性にアピールできたのですが、今は同じ状況のライバルが非常に多いのです。

むしろ若さ以外の要素が顕在化してくる以上、恋愛・結婚市場での2極化が生まれている危惧があります。

ビジネスで成功していて経済力もある。多趣味でコミュニケーション力があり常に楽しませてくれる」という明確な勝ち組男性がライバルに存在するということです。

ほぼ完ぺきな男性像ですが、そんな男性たちも30代独身市場に残る割合が多いということも統計的にはあらわされています。

視点を変えて、人生プラン全体で見通してみましょう。

25歳で結婚した場合、2年ほど夫婦生活を楽しんで2歳で第一児出産、3年ほどおいて二人目を授かったとします。

養育はしっかりとしたいと思う方がほとんどでしょう。

2人目が大学卒業する頃は、50歳。

まだまだバリバリ働かれていることでしょう。

一方、35歳で結婚した場合。

結婚2年目に子供を授かった場合、子供が大学卒業するころには59歳になる計算です。

もちろん浪人や大学院進学のケースもあるでしょう。少し怖いのは、養育期間中に定年を迎えることでしょう。

資金的な面での不安はやはり拭えません。

早い段階で世帯を持っていれば、20代の頃から資産管理に気を配るでしょうし、一家を支える立場として自己管理力も必然的に養われるでしょう。

一方で、もちろん個々人の資質次第ですが、独身期間は自分に対してお金を使うことが多いでしょう。

成長のための自己投資はとても有意義ですが、余暇も含めた消費も世帯のあるかと比べれば多いでしょう。

この時期の貯蓄力が、晩年の余裕の差につながってくる可能性も否定できません。

そもそも周りの友人がどんどん結婚していくのを横で見ているのも、精神的なプレッシャーは感じずにはいられません。

30代半ば頃にもなれば単身者は少数派になります。

すると休日に気軽に付き合ってくれる友人も減ってきてしまいますので、どうしても独り身の寂しさを感じやすくなってくるものです。

30代男性が婚活する際のアピールポイントは?

決して楽観視できない30代男性のポジションですが、その中でもぜひ前向きにもちうる武器をつかって幸せを掴んでいただきたいです。

その上では、自分のどんな部分が女性から魅力的に映るか、把握しておくことはとても強みになります。

一般論にはなりますが、着眼点を纏めてみました。

なお、当然アピールポイントは相手によって変わってきます。

資産家に経済力をアピールしても仕方ありませんね。

ここでは20代から30代の女性が相手と想定しています。

経験値

年上の男性、ということで絶対的に女性が期待するのは、「大人の魅力」です。

大人の魅力とは、身だしなみや物腰、気遣いなど様々なシーンから醸し出されるものですが、総合的には豊かな経験値により育まれていると言ってよいでしょう。

女性が経験したことのない、全く知らなかったことをサポートしてくれたり、エスコートしてくれたりすると、頼りがいを感じたり尊敬の念をもつことで、相手の中で特別な存在になっていきます。

安心させる余裕

大人の魅力の一部かもしれません。

30代は20代よりも経験値があり、それゆえに余裕があると言えるでしょう。

20代女性は同年代のガツガツしている男性よりも、年上の余裕を持つ男性を好む方が多いと言います。

余裕があるからこそ、女性は相手を信頼して、愚痴を含めた自分の言葉を発することができます。

すると女性は、相手が自分を包んでくれている感覚をもち、特別な存在になっていくのです。

経済力

20代よりも30代の方がやはり経済力はあるでしょう。

女性が若ければ若いほど、経済力のパワーパフォーマンスは上がります。

高級なお店に連れて行ってあげたりすると、喜んでくれる可能性は高いでしょう。

経済力も経験値と同様、頼りがいを感じさせる項目といえます。

ただし、経済力に関しては注意が必要です。

結果としての経済力であって、その前提となっている気配りや包容力、経験値、思慮深さなどを間接的にアピールすべきです。

このような点をはき違えてしまうと、ただの金撒きおじさんになってしまいます。

最悪、お金をもっていることを鼻にかけたような嫌味なイメージをもたれてしまいます。

おごってあげる場合でも、あくまでさりげなく、スマートさが重要です。

30代の男性におすすめの婚活とは?こんな婚活の場を選ぼう

さて、30代男性はどのような場で出会いを獲得できるのでしょうか。

上記のアピールポイントが刺さる女性がいる場が望ましいですが、場数も大事です。

いくつかピックアップしてみましょう。

30代にもなる気分が落ち着いてしまい、そんな場に向けて腰を上げるのも億劫になる…という本音も聞こえてきそうですが、すぐ身近に出会いの場は溢れているという視点で見てみると、すこし気の持ちようも変わってきますよ。

1. 職場

もっとも身近な環境ですね。

企業に勤めている方であれば、新入社員を含めて若い女性もいらっしゃるでしょう。

先輩後輩、上司部下の関係ですから、仕事の場であれば、「経験値の力」はプライベートの場以上に発揮するでしょう。

但し、職場での恋愛沙汰は色々と神経質になるべきことも多いです。

セクハラ、パワハラ問題もありますし、もしも破局した場合に気まずくならないように配慮は最低限必要です。

2. 婚活パーティ

ここ数年、開催数が伸び続けているようです。

イベントごとに、年収が一定額以上の男性、30代男性、○○が趣味の女性、などテーマが設けられているので、男女相互のニーズがマッチしやすいのが特徴です。

参加費用は必要になってしまいますが、一度に複数の女性と出会うことができますので、人によって合う合わないはありますが有用な場の候補となるでしょう。

一人の女性と会話ができる時間はかなり限られているので、会話スキルは必要です。

参加する場合は、自分のアピールポイントは整理して臨むといいでしょう。

3. 趣味の場・サークル

共通の趣味があるということは、お互いの距離を縮める極めて強力な要素です。

相手との共通項を見つけると、急に親近感を覚えるものです。

会話のネタもたくさん生まれるでしょうし、一緒に趣味を楽しむこともできます。

最近であれば、男性が料理教室に通うことも珍しくないですね。

料理教室で仲良くなって結婚したという話もあります。

また、音楽教室やテニススクールなど、分野問わず、可能性がある分野ですが、会話の数が期待できるという意味では文化系の趣味の場の方が期待値高いかもしれません。

4. お見合い

殆どの方にとっては「最終手段」と映るでしょう。

確かに正式なお見合いとなれば両家の関係性なども色々と配慮せざるをえません。

ただ近年はお見合い自体が以前よりもややライトな位置付けになっているようです。

もちろんお見合いは当事者が能動的にというものでもありませんので、機会があれば消極的にならずに積極的に臨んでみる、というスタンスでいいでしょう。

30代男性の婚活のまとめ

30代男性にとっての婚活を考察してみました。

まだまだ若いと言っても、もうすぐ先は40代。

のんびりしすぎるわけにもいきません。

20代の延長の気分でいると、結婚なんてよその世界の話、と捉えている男性も少なくはないでしょう。

ただ逆に言えばリミットを40歳とおけば猶予の期間はあまりありません。

30代後半に差しかかれば、多くの男性が焦らざるを得ないでしょう。

ただ、その時になってから焦っても、遅いとは言いませんが、余裕はありません。

まずは出会いの場に身を投じ、機会を増やしていくことが第一です。

恋愛自体がご無沙汰という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、結婚はドライな判断のみではなかなか辿り着きませんので、恋愛感度を高めるトレーニング期間も必要でしょう。

ぜひ思い立った時点から行動を起こしましょう。

-年代別おすすめ婚活

Copyright© おすすめ婚活サイト一覧&評判まとめ!口コミ比較ランキング【2017年】 , 2017 All Rights Reserved.