結婚相談所を利用することは、これまでに出会ったことのないタイプの相手との出会いを可能にし、運命の相手と出会うために皆婚活をしているのです。ところが、結婚相談所を利用しても出会いのチャンスを得ることができない人もいるようです。出会えない理由とは?また、出会うためにすべきこととは?

結婚相談所

結婚相談所で出会えない?「出会えない自分」を終わりにするためにすべきこと

投稿日:2017年4月19日 更新日:

結婚相談所を利用する目的とは「出会いのチャンスを得ること」です。

婚活をすることが珍しいことではなくなった現代において、「結婚したい、でも相手がいない」ことを不安に思っている人は大勢います。

仮にあなたの周りにはいなかったとしても、婚活市場では男女問わずたくさんの人が婚活をしていて、将来を共にする相手=結婚相手を探しています。

結婚相談所を利用することは、これまでに出会ったことのないタイプの相手との出会いを可能にし、運命の相手と出会うために皆婚活をしているのです。

ところが、結婚相談所を利用しても出会いのチャンスを得ることができない人もいるようです。
出会えない理由とは?また、出会うためにすべきこととは?

「運命の相手と出会えない」理由

結婚相談所では多種多様な出会いがあり、「これまで出会ったことのなかった相手と出会うことができた」という口コミや声が多いことがその出会いの多さを証明しています。

にもかかわらず、結婚相談所を利用しても結婚まで至らなかった。それどころか出会いさえなかった…と嘆く人にはある共通点があります。出会えない理由、その共通している点とは?

厳しい条件、自分に合っているか?

「結婚するなら年収○○円以上」、「美人(イケメン)がいい」など結婚相手に求める条件が多いタイプの人は要注意です。

もちろん、結婚相手ということは将来を一緒に過ごすことになる相手です。

どうしても譲れない条件や相手に求めるものがあっても不思議ではありません。むしろ誰でもいくつかは条件があるのが普通です。

しかし、その求める条件が今の自分に合っているかを考えてみてください。たとえば、自分はそれほど見た目に自信がないのに相手にばかり見た目の良さを求めていたり、自分磨きも何もしていないのに相手に求める理想だけ高かったり…。

一般的に、美人はイケメンや高収入の相手を選ぶ傾向にあります。

見た目だけでなく、気遣いのできる人や気立てのよい人は美人でなくても高スペックの相手に選ばれます。つまり婚活における自分の武器が必要なのです。

理想ばかり高い人は、せっかく出会いのチャンスがあったとしても「理想に合っていないから」・「条件を満たしていないから」という理由でシャットダウンしてしまいがちです。

その中に、本当は自分の運命の相手が隠れているとは考えもしません。

譲れない条件を設けることが悪いわけではありません。条件や理想を求めるのであれば自分自身を見つめなおし、その求める相手にふさわしい自分になるよう自分磨きを行う必要があります。

結婚に対する「焦り」が全面に出ている

婚活は結婚相手を探すためにするものですが、あまりにも「結婚したい!」「子どもがほしい!」などと結婚に対する焦りや圧力が全面に出ている人は、出会いのチャンスを得ることができません。

もちろん最終的は結婚を視野に入れているものの、結婚を迫られることが目に見えている相手と付き合いたい・結婚したいとは思いにくいものがあります。

結婚生活を長続きさせるコツは「お互いを思いあう」ことです。

これは、普段の生活の何気ないやりとりにも表れていて、自分が幸せになるために結婚するのではなく相手を幸せにするために結婚するという考えが理想なのです。

結婚したいという思いが本物だったとしても、出会いの段階から結婚への熱い思いを伝えすぎるのはやめて、相手の結婚に対する考えをうかがうことからはじめましょう。

出会いを楽しむ余裕はあるか?

基本的に結婚は「好きな相手とするもの」です。婚活をしている人の中にはこの基本的な考えが抜けてしまっていることが多いです。

仮に自分のタイプとは違う人であっても、やり取りをし、何度か会ううちに「この人と結婚したら楽しく毎日を過ごせるだろう」という気持ちに変化することはよくあることです。

生理的に無理!と感じた相手と無理にメッセージのやり取りやデートをする必要はありませんが、そうではない相手なのであれば、一歩踏み出して関係を深めてみてもよいのではないでしょうか。

出会いを楽しむ余裕があれば、多くの人との出会いのチャンス、そしてやり取りを通して婚活に対する経験値を高めることができるのです。

出会いのチャンスを手に入れる!すべきこととは?

いくら結婚相談所での婚活を始めたからといって、必ずしも出会いのチャンスがあるか?というとそうではありません。というよりも正式にはまずすべきことがあります。

出会いのチャンスを逃さないで手に入れるためにすべきこととは?

自分に合った結婚相談所の選び方

国内外を問わず、多種多様な結婚相談所がありどの結婚相談所を選ぶかによって出会いの数が全く異なります。

少しでも多くの出会いが欲しいという方には大手結婚相談所の利用がおすすめですが、出会いの数よりもカウンセラーという婚活のパートナーともいえる存在を重視したいという方もいるでしょう。

出会いの数が多ければ多いほど、たくさんの異性のタイプを知ることができます。しかしその一方で、異性との交際経験に自信がない方やコミュニケーションが苦手という人にとってはいくら結婚相談所を利用したとしてもこれまでの自然な出会いと大差ありません。

そのため、自分で気になる相手にメッセージを送ったりデートをしたり…という交際までのステップを踏むことが難しい方にとって結婚相談所のカウンセラー・スタッフによるフォローは、婚活を成功させるためには必要不可欠です。

ただ単に豊富な出会いを求めているのか?それとも婚活のプロのフォローが必要なのか?あなたはどちらですか?

受け身な自分とお別れ

これまで異性に対してアプローチをしたことがないという方や待っているだけの受け身の方は、そんな受け身の自分とはお別れしましょう。

婚活は、「アプローチしたもの勝ち」です。相手に対して気持ちを伝えることだけでなく、自分を少しでも良く見せようとすることは婚活には必須です。

これまでの生活では謙遜タイプや受け身であっても問題なく生きてこれたかもしません。

しかし、結婚したいけれど相手がいないことで悩んでいるのであれば受け身でいてはその分出会いのチャンスを逃していることにも繋がります。

いきなり自分からアプローチしたり自己アピールをする必要はありません。少しずつ婚活スタイルを身につけましょう。

婚活に力を入れすぎない~必要なのは適度な緩さ~

今から婚活はじめようという方に知っておいていただきたいこと、それは婚活にあまり力を入れすぎないことです。

最近では、婚活がうまくいかない・長期化することによる「婚活鬱」になる人が増えています。婚活を始めた=すぐ結婚できるという思い込みと婚活に熱を入れすぎてしまうことが原因となっています。

せっかくお金を払って結婚相談所を利用していても、婚活が原因で鬱になってしまったのでは元も子もありませんよね。

まず婚活は長期戦となることも予想しておかなければなりません。数ヶ月や半年で運命の相手と巡り合うことができればそれはラッキー!と思っておきましょう。

結婚相談所での婚活をしていると、多くの人との出会いがあります。

あまりに「出会いがない」と口にしていると、「この人は異性に対して求めるものが大きいんだろう」や「婚活に必死な人」などといったイメージをもたれてしまいがち。このイメージはあなたにとって不利となります。

必死に婚活をするのではなく、上記にもあげたように婚活を楽しむこと、そして気持ちの余裕をもって婚活を続けている人ほど出会いのチャンスを得て婚活を成功させることができることを覚えておいてください。

~「出会いがない」は言い訳!?婚活で運命の相手と巡り合うために意識改革~

婚活をしていても「出会いがない」という方は何かしらの原因が隠れている可能性があります。

まずは自分自身そして自分の状況をしっかりと分析した上で出会いを求めて生きましょう!

少し思ったように進まなかったとしても諦めることなく、考え方を変えてみると、きっと運命の相手と巡り合うことができるでしょう。

-結婚相談所

執筆者:

関連記事

no image

結婚相談所でも「選ばれる自分」になるためにできること

出会いの数が多くても、実際に相手とデートをしたり付き合うことができなければわざわ …

no image

婚活におけるアプローチに重要性と方法

結婚したくてもできない人には、単に出会いがないという人だけでなく異性との交流方法 …

no image

結婚相談所で出会った女性とデートをする時に気を付けなければいけない事ってなに?

結婚相談所で気になる女性と出会った後に、実際にデートをする事になります。 しかし …

婚活の第一歩!悪い結婚相談所を避けるために知るべきこと

合コンや婚活パーティー、知人からの紹介など婚活が当たり前になりつつある現代におい …

no image

結婚相談所で使用するプロフィール写真は写真館で撮影してもらった方が良い

結婚相談所は、独身の男女が結婚という目的を達成するための出会いの場を提供するとこ …