婚活が必要だということはわかっていてもなかなか婚活に踏み出せないという理由には、時間がないことや面倒と感じていることなどもさることながら失敗することの怖さがあるのではないでしょうか。今回は、あらかじめ婚活をする上での失敗やリスクについてまとめました。はじめに知っておけば準備や心構えができるはず。

婚活アプリ

婚活アプリ よくある失敗とリスクと回避策について

投稿日:

「結婚したいけれど出会いがない」よく耳にするこの言葉ですが、結婚したくてもできない人が増加している現代において、婚活をせずに結婚することは決して簡単ではありません。

婚活が必要だということはわかっていてもなかなか婚活に踏み出せないという理由には、時間がないことや面倒と感じていることなどもさることながら失敗することの怖さがあるのではないでしょうか。

もちろん、自分で経験することで分かることもありますがあらかじめ婚活をする上での失敗やリスクを知っておけば準備や心構えができるはず。

ここでは、婚活アプリを利用した婚活によくある失敗やリスクについてご紹介します。

婚活アプリに潜むリスクと失敗

婚活アプリは、スマートフォンやタブレットがあればいつでもどこでも自由に婚活ができる、今話題の婚活スタイルです。

仕事やプライベートの時間も大切にしたいと考える婚活世代にはピッタリの婚活アプリですが、メリットだけではありません。

婚活をする上で失敗(もしくは嫌な思い)をして「婚活なんてもうやめた!」となってしまったのでは、せっかく起こった「はじめてみよう」という前向きな気持ちや結婚に対する意気込みが無駄になってしまいます。そればかりか、異性に選ばれる機会を失ってしまうことになります。

失敗に対する体制を整えていざ!婚活アプリで運命の人探しをはじめましょう!

失敗談 その1 写真詐欺

婚活アプリはその名の通り、ネット上での出会いです。

プロフィールや写真などは自分で登録するため、言ってみれば「自分次第」です。

特に写真は、自分を少しでもよく見せたいという思いから写りの良い写真を選びたくなるのは当然といえば当然です。最近では、スマホやカメラの性能があがっているので、「これ、別人じゃないの!?」といういわゆる「詐欺まがい」の写真を撮ることもでき、ここに怖さがあります。

自分のタイプだと思ってデートをした相手が全く違った!(例えば、とても太っていたり、顔が全く違う…など)という経験をしたという人も少なくありません。

見分け方としては、

  • 自撮写真で、極端に角度がついている写真
  • 画面いっぱいに顔がうつったアップ写真
  • 光が大量に当たっている写真
  • プリクラを掲載している

場合などは、黄色信号です!

「会わなければよかった…」と後悔することのないよう、写真の見極めは入念にすることをオススメします。

失敗談その② 相手が既婚者だった!

婚活アプリを通して出会った相手が、実は既婚者だった…!これもよく聞く話です。

結婚相談所や婚活サイトの中には、独身証明書や戸籍謄本の提出を義務付けている場合もありますが、残念ながら婚活アプリには既婚・未婚を特定する機能はありません。

そのため、遊び相手を探す目的で既婚者が紛れ込んでいる…という可能性も充分あります。

婚活アプリを通して出会い、デートを重ねて「いずれは結婚したい」と思った相手が既婚者だったとあっては、深い傷を負うばかりかそれは「不倫」となってしまいます。

不倫という覚悟ができているならまだしも、既婚者であることを知らず不倫をしてしまっていた。なんてことは絶対に避けたいものです。

既婚者かどうかを見極めるポイントとしては

  • 左手の薬指に指輪のあと
  • 地元や自宅の近所にいきたがらない
  • 忘れ物に過剰に反応する
  • クリスマスや相手の誕生日などのイベントには会えない
  • デート中、かかってきた電話に絶対に出ない

など、あなたとの関係を周囲に話したがらない様子や「あれ?」と思うポイントがあれば要注意、もしかしたら既婚者かもしれません。

本当に結婚を視野に入れてお付き合いしたいと思っている相手なのであれば独身であることを必ず確認しましょう。

相手も自分と同じであれば、独身であることを証明してくれるはずです。

失敗談その③ ドタキャン

婚活アプリで知り合い、デートの約束をしていたのにドタキャンされた…。とても気分の悪い話です。

「具合が悪くなった」や「急な仕事」などドタキャンの理由はそれぞれですが、本当にその理由でデートをキャンセルしたのであれば、日程を調整したり埋め合わせをするなど誠意を見せるのが通常です。

しかし、その後音信不通になったりよそよそしくなった場合は次のようなことが考えられます。

  • デート前に待ち合わせ場所付近であなたの顔を確認していた=タイプではなかった
  • 同時進行していた他の相手とうまくいった
  • デートすることが面倒になった

婚活アプリには豊富な出会いがあり、男性も女性もたくさんの人と知り合い、デートをすることができます。

特に人より見た目が良い人や自分に自信を持っている人などは、上記のようなドタキャンをすることもあります。(もちろんすべての人がそうというわけではありませんが)

ではドタキャンされたらどうすればよいか?予定していたデートをキャンセルされたわけですからイライラするのは当然です。

しかし、一回のドタキャンで婚活をやめてしまったり、イライラして婚活に力が入らない…というのはNGです。婚活アプリで婚活している限り、相手は他にもたくさんいます。

「このまま付き合っていても、良い結果にはならなかった相手」と頭を切り替えて、次の相手を探しましょう!

失敗談その④ 知り合いにバレる

婚活をするが珍しいことではなくなりつつあるとはいえ、まだなんとなく『婚活=恥ずかしい』というイメージが抜け切れない部分があります。

そこには、自然な出会いでは結婚相手に巡り合えないというイメージであったり、結婚相手を探すことに必死だと周囲に思われたくないなどといったことが要因になっています。

その点婚活アプリは普段の生活と違った出会いなので、知り合いにバレてしまう心配もない!と思いがちですが、中には婚活アプリ内で出会った相手が知り合いだった場合や知り合いから「いいね!」がきてしまって気まずい思いをした…などといった経験がある人もいるようです。

特に交友関係が広いタイプの人であればあるほど、婚活アプリで知り合いに会う確率は高まります。

最近では、facebookと連動している婚活アプリが増加していますが、実はfacebookに連動している婚活アプリの方が、知り合いに合うリスクは少ないというメリットがあります。

その理由は、Facebookに連動することで、自身のfacebookに登録しているユーザーは、検索結果に表示されない仕組みとなっているものが多いからです。

そのため、どうしても知りあいに会いたくない!という場合は、facebookの友達になっておくとあらかじめ防ぐことができるので安心です。

また、メインに掲載する写真を横顔など分かりにくい写真にしたり、知り合いかも?と思う相手はあらかじめブロックしておくなどしておくと、知り合いにバレる心配なく使用することができるでしょう。

婚活アプリを使用するための心構え

婚活をする中で、様々な失敗やトラブルがあるかもしれません。しかし、怖がっていてばかりではいつまでたっても運命の相手と出会うことなどできません。

失敗を恐れない!婚活アプリを使用するための心構えとは?

結婚する意志の有無

婚活アプリの最大のメリットとは、出会いの豊富さです。

普段の生活を送っていては出会うことができなかったタイプの人や、今までとは違う環境での出会いを期待できる反面、登録している全員が結婚に対する本気度が高いかというとそうではありません。

上記にも挙げたように、既婚者であるにも関わらず遊び相手を探して登録している人や、体目的の人など中には悪い利用者がいることも事実です。

もし、本気で結婚する相手を探すために婚活アプリを活用しようと思っているのであれば、付き合う前に結婚に対する意志を確認しておきましょう。

もし、結婚に対して質問した際に、適当にはぐらかしたり、まだ遊びたいと思っている様子が見えるようであればそれは結婚に対する本気度があなたとは違います。

結婚を前向きに考えていない相手との時間は無駄な時間と割り切って次の相手を探しましょう!

婚活中の掛け持ちは当たり前!?

交際中の掛け持ち=浮気は、世間一般的にNGですが、婚活中はその限りではありません。

どこからが浮気なのかというと、考え方によってさまざまなので一概には言えませんが、単にメッセージのやり取りをしていたり、何度か会ってみるぐらいは婚活をする人なら当たり前です。

チャンスや出会いが多ければ多いほど、それだけ運命の人と出会える確率も高まります。せっかく婚活アプリを利用しているのですから、出会いの豊富さという最大のメリットを生かさなければもったいないですよね!

多くの人と出会うことは、それだけ多くの人を見て経験値を高めるということです。

最高の結婚相手を見つけるために、出会いのチャンスを一つでも逃さないようにしましょう!

婚活アプリ、よくある失敗とリスク回避策のまとめ

婚活アプリに対するイメージが悪かったり、何となく踏み出せずにいる人が婚活を避けてしまっている理由は、失敗を恐れているからでしょう。

誰だって失敗や嫌な思いはしたくありません。ましてや婚活世代というと仕事やプライベート・人間関係などある程度基盤が出来上がっています。その状態で、失敗をすることを恐れてしまうことも理解できます。

しかし、失敗を恐れていたのでは婚活を成功させることなどできません。ある程度、失敗するかもしれない覚悟をもって挑みましょう。

とはいえ、出来ることなら失敗は避けたいのは当然です。婚活をはじめるまえの事前の下準備や失敗談とリスクを知っておけば、その被害を最小限に抑えることができるでしょう。

何ごとも準備が大切!覚悟と体制を整えて婚活をすすめましょう!

-婚活アプリ

執筆者:

関連記事

no image

婚活アプリで失敗しない!相手の嘘を見破るためにできること

そろそろ結婚したい、相手が欲しいと考え始めたあなた、婚活アプリに登録したことで満 …

no image

【男性向け】婚活アプリで出会うコツ!プロフ写真よりもプロフィールが重要という事実

まず言っておきたいことは、婚活アプリで選ばれる方はプロフィール写真をしっかり載せ …

no image

婚活アプリ成功のカギはアプローチにあり!適切なアプローチと意識

現代人カップルの5組に1組はネット上で出会っていると言われており、出会いがない人 …

no image

婚活アプリに潜む危険!?安全に婚活するために

「適齢期になれば自然に結婚できる」と言われたのは今や昔…。 結婚したくてもできな …

no image

婚活アプリで結婚相手を探すために欠かせない判断基準と流れ

婚活アプリを利用して婚活をすることは、日常生活で出会いがないという人に今までと格 …